募集中の山行

北八ツ募集



苔むした針葉樹の森を歩きます。稲子岳に登るためには地図読みが必要です。地図読みを本気で始めたい方、テント泊を始めたい方に合う山行内容です。秘密の場所でコマクサの群落を訪ね、シラビソの森でクリンソウを鑑賞します。

・日時集合:2017年7月3,4日(月、火) 午前8:30  JR韮崎駅
                   
・1日目:韮崎=稲子湯 -しらびそ小屋-稲子岳-中山峠-黒百合平(幕営)
      距離約7キロ 行動時間6時間予定

・2日目:黒百合平-東天狗岳-根石岳-本沢温泉-しらびそ小屋-稲子湯=韮崎駅(解散)
      距離約7km 行動時間8時間予定

・装備 : ザック、登山靴、雨具、寝袋、マット、ストック、ヘッドランプ、帽子、水筒 手袋、防寒着、食器、行動食、非常食、昼飯(2日分)、地形図「蓼科、松原湖」、風呂道具(車にデポ出来ます。)  食糧、共同装備等の分担をお願いします。

・ガイド料:30,000円(夕食、朝食は準備します。別途食費として2,000円ほどかかります)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・日帰りの地図読みではない、地図読みを実践する山行です。
・山梨百名山の雨乞岳登山道から入ります。登山道を1797m標高点まで辿り、登山道と別れ南に向かう尾根に入ります。地図読みのセクションの始まりです。水晶ナギの風化した花崗岩の白ザレに遊び、笹ノ平を含む10くらいの小ピークを過ぎると「甲斐国志」にも登場する鬼の窓というコルに出ます。水の確保も簡単な喜平谷に降りて(コルから10分です。)テント泊。焚火付きの夜になると思います。
翌日は地形読みが難しいルートから大岩山に向かいます。大岩山から人気の日向山までは登山道となりますが、鞍掛山周辺は甲斐駒ケ岳の素晴らしい展望台です。日向山からは北東尾根を下って、前日のスタート地点に戻ります。最後は尾根地形の下りになりますので、結構難しいです。2日間地形図をにらめっこしながらの、地図を読めるということの実践の合宿のような山行にしたいです。

・日時集合:2017年5月6,7日(土、日) 午前8:30  JR韮崎駅
                   
・1日目: 韮崎=北杜市白州町鳥原 -ホクギノ平-笹ノ平-口ノ鬼の窓-喜平谷(幕営)
     標高差約1000メートル 距離約7キロ 行動時間7時間予定

・2日目: 喜平谷-口ノ鬼の窓-大岩山-駒岩-日向山-鳥原=韮崎駅(解散)
     標高差 登り約700m 下り約1500m 距離約10km 行動時間9時間予定

・装備 : ザック、登山靴、雨具、寝袋、マット、ストック、ヘッドランプ、帽子、水筒 手袋、防寒着、食器、行動食、非常食、昼飯(2日分)、地形図「長坂上条、甲斐駒ケ岳」風呂道具(車にデポ出来ます。)  食糧、共同装備等の分担をお願いします。

・ガイド料:30,000円(夕食、朝食は僕が準備します。別途ガイド料以外に、食費として2,000円ほどかかります)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◇ 大平山   1117m

典型的な里山です。昔の仕事道が地形図に落とされています。途中にはいくつもの馬頭観音があります。昔の人と山とのつながりがよくわかるルートです。そんな里山ですが、地形図を読めないとわけのわからない世界になってしまいます。地図を読むということがよくわかるルートです!

・日時集合 : 2017年3月26日(日) 8:30  JR韮崎駅

・ルート :  韮崎駅=折居集落-入戸野集落-大平山-折居集落=韮崎駅    
       標高差約600m  距離約8km  行動時間8時間予定

・持物  :2万5千地形図 『韮崎』 ベースプレートコンパス、昼食、行動食、
      水筒、軽アイゼン

・参加費 :  ¥10,000(ガイド料)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

三浦アルプス読図募集


登山をするうえで大切な技術、地図読みです。読図ともいわれます。地形図は等高線で実際の地形を表現しています。実際の登山シーンでは見える範囲は限られていたりします。沢地形に入っていれば尚更です。山での遭難事故の一番の原因は道迷いと言われています。よく言われる「読図による現在地確認」をしていれば道迷いは起こりません。が、その「読図による現在地確認」というのがなかなか…という方は多いです。もちろん様々なナビゲーション機器を使うというのもありだと思いますが、いちばんシンプルに国土地理院の地形図とベースプレートコンパスだけで地形図を読むことが出来ればそれに越したことはないと思います。いろんな登山教室が花盛りな昨今です。等高線の曲がりというのがキーワード!やぶ山三ちゃんの読図講習は、その等高線の曲がりを徹底的に検証しながら山を歩きます。等高線の曲がりは高い山でも里山でも同じです。ポイントを確認する度に「読図による現在地確認」が出来て、読図という作業を理解しながら進む約8kmの山行です。上の写真は三浦アルプスの地形図です。これを始め見た時正直驚きました。等高線の形という事です。僕が住んでいる山梨にはあまりない等高線の曲がりだらけです。山梨の山は急峻ですから。上の写真のような地形を歩けることが楽しみです。地図読みスキルを上げましょう!ぜひご参加ください!

日時  :   2017年3月11日(土)

集合  :   逗子市役所前 (京浜急行逗子線またはJR横須賀線)9:30集合

参加費   :  ¥8,000(ガイド料)
 
行程    :  逗子市役所=上ノ山公園-二子山-森戸川-乳頭山-上ノ山公園=逗子駅

持物  :2万5千地形図 『鎌倉』 ベースプレートコンパス、昼食、行動食、水筒、

      磁北線を入れて置くのがベターですが、当日お伝えします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

写真はジョウゴ沢


アイゼン歩行に特化した講習です。渓谷美で知られる奥秩父の西沢渓谷。冬は遊歩道が凍って危険がいっぱいです。本流は水量が多いので対象になりませんが、遊歩道脇のしみ出しが大きく発達した氷になります。氷の上でのアイゼン歩行はごまかしが利きません。冬山、アイゼンを必要とする森林限界から上などでは強風、なだれ、雪庇、低温など他のリスクがたくさんあります。それらのリスクを排除できる場所で、フラットフッティング、フロントポイント、ピッケルとのコンビネーションを中心にアイゼン歩行の練習です。確実なアイゼンワークが身に着きます。決して氷った渓谷ハイキングではありません。

日時  :   2017年2月18日(土)

集合 :  JR中央線 塩山駅 2月18日(土)朝 8:00

参加費 :  ¥10,000(ガイド料)
 
行程  :  塩山駅=西沢渓谷入り口-西沢渓谷ピストン=塩山駅
 
持物 (参考装備です。全て揃わなくても構いませんが、ご相談ください) :2万5千地形図『金峰山』ベースプレートコンパス、昼食、行動食、テルモス、冬登山靴、アウター(上下)、中間着、インナー手袋、オーバー手袋、防寒着、帽子、ヘッドランプ、予備電池、アイゼン(前爪の出ている12本歯か10本歯のもの)、ピッケル、ハーネス、ヘルメット、カラビナ 、環付カラビナ、スリング、ストック、スノーシュー、ワカン 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みみ石募集

雑誌「山と渓谷」2017年2月号に取り上げられたみみ石。甲斐国志を読み直してみたら、しっかり登場していたみみ石でした。すなわち、「斧落オノオチ沢ハ舞台・耳石・大株諸山ノ下溜ナリ」雄山閣編第2巻、山川部第一 巨摩郡北山筋の2ページ目です。大株という山の同定は出来ていませんが、和尚殿の岩場からみみ石に登り、舞台から斧落沢に下る周回ルートになります。現在地の確認を中心に、地形を見ながら目的地までどう行くか?地図読みをしながらの登山の実践です。

日時  :   2017年3月5日(日)

集合  :  JR中央線 甲府駅 3月5日(日)朝 8:15 

参加費 :  ¥8,000(ガイド料) 行程  :  甲府駅=下黒平集落-和尚殿-みみ石-舞台(三角点)-斧落沢-黒平=甲府駅

持物  :2万5千地形図 『茅ヶ岳』 ベースプレートコンパス、昼食、行動食、水筒、軽アイゼン
       磁北線を入れて置くのがベターですが、当日お伝えします。
・お申し込み

・お申込みフォーム:こちらからどうぞ!

・催行にあたり同意書は必ず必要です。:こちらです。

・保険加入も必ず必要です。やまきふ共済会の共済をお勧めしています。:こちらです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

河津桜と伊豆山稜線募集




三筋山822mと河津桜  三蓋山1012mと猫越岳1034m


日時 : 平成29年2月23、24日(木、金)


集合 : 風土記の丘農産物直売所 (中央道甲府南IC東の道の駅)      

    新幹線新富士駅


時間 : 集合時間 風土記の丘農産物直売所午前6:00       

    新幹線新富士駅午前8:00 


経路 : 甲府=修善寺=河津 (平日でも大変な渋滞が予想される伊豆半島の移動です。)


参加費 : ¥20,000(ガイド料、) 別途宿泊代、移動費などで¥15,000かかります。     

お1人あたり¥35,000


コース: 河津桜は伊豆半島の河津町を中心に咲いている自然交際種の桜で、毎年2月上旬から3月上旬までの約1ヶ月に渡り咲く早咲きの桜です。濃いピンクと大きな花が鮮やかです。河津川沿いに約4km続く桜並木は、開花後約1ヶ月をかけて満開を迎え圧巻の絶景となります。出店やイベント、夜のライトアップなどの楽しみもあります。


三筋山822mは伊豆天城連山の一角で、360度の大展望が楽しめる山です。登山口の細野高原は広大なススキの原っぱが有名です。


伊豆山稜線 伊豆半島の中央部にU字形をしてぐるりと連なる天城山系の総延長は60キロとも80キロとも言われますが、天城峠の西には素晴らしい尾根が展開しています。伊豆山稜線と呼ばれる大展望の尾根です。その大展望の尾根の半分を歩く予定です。ピストンが難しい尾根なので、途中の峠からバスやタクシー、バスを使って入下山を考えなければならない山行です。それでも伊豆半島の山を堪能できるコースです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


房総の山募集

鋸山329mと水仙ロード  伊予が岳336mと富山349m

日時 : 平成29年1月22、23日(日、月)

集合 : 風土記の丘農産物直売所 (中央道甲府南IC東の道の駅)集合5:30
       
             新宿駅西口 集合8:00

時間 : 午前5時30分 

     午前8時 新宿駅西口

経路 : 甲府=アクアライン=木更津IC=金谷海浜公園駐車場

参加費 : ¥20,000(ガイド料) 別途、宿泊費、交通費等で¥13,000
      費用としてお一人¥33,000かかります。 

コース: 一日目は鋸山登山。二日目は伊予が岳登山がメインになります。

鋸山は、江戸時代から明治にかけて房総石(凝灰質の砂岩)を切り出した石切り場です。家屋や土蔵の塀,壁,門柱などの建築石材として盛んに利用されました。切り出した石材を運ぶ人夫は車力と呼ばれる女性たちでした。車力道コースは石材を運んだ道です。
上り車力道、下り関東ふれあいの道。登り2時間、下り2時間、諸々で5時間の行動時間。

伊予ヶ岳(いよがたけ)は、標高336.6m。房総丘陵の山の一つです。なだらかな山が多い房総の山の中では珍しい岩峰で、千葉県内で唯一山名に「岳」がつく山で、伊予国の石鎚山に山容が似ていることから、伊予ヶ岳の名前がついたといわれています。麓の平群天神社より、40分程で登頂できます。

富山(とみさん)は、千葉県南房総市にある山で、房総丘陵の山の一つ。2つの峰からなる双耳峰で、標高は北峰(金毘羅峰)が349m、南峰(観音峰)342.0m。北峰には三角点と金比羅神社、そして「十一州一覧台」という展望台があり、南峰には観音堂がある。周囲一帯は「県立富山自然公園」に指定されている。


水仙ロード、鋸南町保田の水仙は江戸時代の安政年間(1854〜60年)の頃から元名水仙として船で江戸に運ばれていました。毎年、800万本が出荷されています。毎年12月中旬から1月いっぱいは「水仙まつり」と題して様々なイベントも行われます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

沼津アルプス募集



香貫山(かぬきやま)193m、徳倉山256m 、鷲津山392m 、大平山356m

日時 : 平成29年1月15日(日)

集合 : 風土記の丘農産物直売所 (中央道甲府南IC東の道の駅)

時間 : 午前6時 行動時間約8時間の予定

経路 : 甲府=朝霧高原=東名高速沼津IC=香陵台駐車場
 
コース: 香貫山・八重坂・横山・徳倉山・鷲頭山・多比峠・大平山・多比バス停へ 

参加費 : \10,000(ガイド料) 別途1,500円のガソリン代、高速料がかかります。


◇沼津アルプスは香貫山から南へ横山、徳倉山、志下山、鷲頭山、大平山と続く稜線を地元の方々が整備して名付けたものです。標高は一番高い鷲頭山でも392mと低山ですが、起伏が激しく鎖を伝って歩くところもあります。距離約11km、行動時間約7~8時間

◇沼津アルプスの魅力はなんといっても眺望が素晴らしいこと。稜線まで登ると眼下に駿河湾が見下ろせ、北には富士山がそびえる、まさに大パノラマです。

◇香貫山登山口の駐車場に車を停めます。沼津アルプスを縦走して国道414号線に下りバスに乗ります。沼津市役所前で下車。乗車時間は20分くらいで料金は500円くらいです。
バスは30分毎に運行しています。

                         

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大烏小烏地図読み講習

山梨百名山の乾徳山の西にある大烏山です。南に小烏山もあります。登山道はないルートを地図読みをしながら歩きます。大烏山が1800mを越えるので念のため軽アイゼンをお持ちください。レンタルも若干あります。冬枯れのこの時期は等高線と実際の地形がとてもよくわかる山梨の山々です。コンパスと地形図がありさえすれば、どこでも地図読みの極意をお伝えすることができます。山と向き合うことができる地図読み講習です。どうぞご参加ください!(写真は大烏山とは関係ありません。)

日時  :   2016年12月23日(金)               

集合  :  JR中央線 塩山駅 12月23日(金)朝 8:00 

参加費 :  ¥8,000(ガイド料) 

行程  :  塩山駅-杣口林道-大烏山-小烏山-杣口林道-塩山駅 

持物  :2万5千地形図 『川浦』 ベースプレートコンパス、昼食、行動食、水筒、軽アイゼン

       磁北線を入れて置くのがベターですが、当日お伝えします。
 
・現在地の確認を中心に、地形を見ながら目的地までどう行くか?
 地図読みをしながらの登山の実践です。

・地形図(国土地理院25,000分の1)の話

・コンパスの基本的な使い方とルートの先読み

・地形図では表現しきれない地形

・晴れていれば山座同定

・地図読み以上に大切な地形読み などです。

▪  申し込み

・お申込みフォーム:こちらからどうぞ!

・催行にあたり、同意書は必ず必要です。:こちらです。

・保険加入も必ず必要です。やまきふ共済会の共済をお勧めしています。:こちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

八頭山地図読み講習


コンパスと地形図がありさえすれば、どこでも地図読みの極意をお伝えすることができます。

山と向き合うことができる地図読み講習です。八頭山は僕の地図読み講習の原点の場所です。

どうぞご参加ください!


 日時     :   2016年12月10日(土)

 参加費用   :  ¥8,000(ガイド料)                

 集合場所時間 :  JR韮崎駅 12月10日(土)朝 8:30 

                             

 ■ 行程 :  韮崎駅-武田八幡神社-八頭山-白山城-武田八幡-韮崎駅      

 ■ 持物 :2万5千地形図 『韮崎』 ベースプレートコンパス、昼食、行動食、水筒

       磁北線を入れて置くのがベターですが、当日お伝えします。 

          

■ 現在地の確認を中心に、地形を見ながら目的地までどう行くか?

  地図読みをしながらの登山の実践です。

    ・地形図(国土地理院25,000分の1)の話

   ・コンパスの基本的な使い方とルートの先読み

   ・地形図では表現しきれない地形

   ・晴れていれば山座同定

   ・地図読み以上に大切な地形読み などです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山行募集です。日本百名山の恵那山です。



・2016年10月22日(土)

・韮崎総合運動公園駐車場 午前4:30集合

・韮崎IC=岐阜県中津川IC=神坂峠 車で3時間30

・神坂峠追分-鳥越峠-大判山-恵那山ピストン
 標高差約850m 行動時間約7時間半

・登山口8:00-下山口16:00(神坂峠追分) 韮崎帰着19:30予定

 ガイド料お一人10,000円 別途交通費がかかります。(12,000円の頭割りです) 5人くらいまでならOKですので、お誘いあわせの上ご参加ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


秋の硫黄岳と天狗岳募集




◇ 北八ヶ岳・河原木場沢にある落差35mの醤油樽の滝。遊歩道が整備され、途中に一の滝、二の滝があります。醤油樽の滝の名前の由来は滝の下に降り立つとわかります。

◇ 南八ツの硫黄岳と北八ツ天狗岳、両者をを分ける夏沢峠、違った顔を見せる八ヶ岳を紅葉のなか楽しみます。宿泊はテントorツエルトです。テント泊デビューねらいの方に最適な山行です。


◇ 日時集合:2016年10月7、8日(金、土) 午前8:30  JR中央線 韮崎駅 
                              午前9:30  JR中央線 茅野駅      


◇ 1日目: 韮崎=桜平-醤油樽の滝遊歩道-夏沢鉱泉-オーレン小屋

      距離約6km    行動時間4時間予定



◇ 2日目: オーレン小屋-硫黄岳-夏沢峠-天狗岳-箕冠山-桜平=韮崎

      距離約11キロ   行動時間7時間予定 


◇ 装備 : ザック、登山靴、雨具、寝袋、マット、ストック、ヘッドランプ、帽子、水筒 手袋、
       防寒着、行動食、非常食、昼飯(2日分)、風呂道具(車にデポが可能です)
       食糧、共同装備等の分担をお願いします。(約1㎏)


◇ ガイド料:28,000円 諸経費として別途3,000円程度かかります。

▪  申し込み

      ・お申込みフォーム:こちらからどうぞ!

      ・催行にあたり、同意書は必ず必要です。:こちらです。
     
      ・保険加入も必ず必要です。やまきふ共済会の共済をお勧めしています。:こちらです。





0 件のコメント:

コメントを投稿