2018年2月6日火曜日

浜石岳

薩埵峠を後に浜石岳を目指しました。ミカンと青空、冬本番とは思えないさすが静岡!


ミカン畑とビワ畑の急な斜面の農道を登って行きます。道端に落ちていた真ん丸のミカンを道に転がすと、遥か見えなくなるまで農道のアスファルトを転がって行きました。まるでパチンコゲーム!しばし童心に帰った皆さん。


青い空と青い海、浜石岳を目指しています。僕も初めての浜石岳です。地形図を注意深く見ながら登って行ったのですが、どうも地形図には記載のない新しめの農道もあったりして分かりにくいアプローチでした。


農道からいよいよ登場の登山道。


畑の中のジグザグの道は、正しく畑の中の道。使われているのかどうかが怪しい作業小屋がいくつも登場しました。


やっと山道らしくなって、地形図上の等高線の変化と実際の地形が一致してきました。迫力のある竹林が続きました。


徒歩線ベースで指摘します。右から左上に登って行きます。黒いマーク「尾根をまたいだところ」そこで尾根をまたぎますよと発言しました。その先はほとんど等高線に沿って登歩道があるのでフラットな道ですよと発言しました。緑の丸は竹林が濃かったフラットな登山道。上の黒いまるで「Tさん待って、コルですよ」と僕が指摘したところ。その先の登歩道は実際に歩いたのが黒い線です。


その先は傾斜がなくなり、加えて尾根と谷が複雑でわかりにくかったところです。そんな時上空に張られた送電線の存在は、現在地確認に大いに役立ちました。


僕の読みが甘かったというのもあり(楽観的なペースを設定してしまった…)、由比の街で桜エビ絡みの昼食にしましょうと言っておきながら、お昼になってしまい「お腹がへって休んだところ」と言う展開になってしまいました。その先×印、地形図上ではいったん左の沢に下って沢を登って稜線に出るという表現の登歩道でしたが、「実際の登山道」と書いた主稜線の赤線を歩きました。こういったことが地図を読めるということです。「実際の登山道」の先に一番急だったステップの登山道が登場します。


この分かりにくい、とっても難しい地形の尾根と沢を色分けして展開してみました。地図読み上級編って感じの地形です。この先でいよいよ浜石岳の登りになるわけです。



地図読みしなくても整備された登山道ではあります。


一番急だったステップの登山道の写真です。急なのでトラロープもありました。


高みに進んでいよいよのハイライト。雪は全く問題にはなりませんでした。


一歩一歩進んで、いよいよだ~!


富士山登場!ジャ~ん!という感じでの登場なので気分は最高です。薩埵峠から延々北上して高みを目指した登って来ました。山頂のふくらみに立つとこの景色、最高でした!


本当に展望の山でした、素晴らしい!


由比の街を見下ろしました。


清水港と三保松原。日本平のふくらみも見えています。


ちょっと遅くなってしまったし、車道を延々と歩くよりは早く桜エビじゃんと、タクシーを呼んだのですがうまくコンタクト出来ず、漁協の食堂で桜エビを堪能したかったのに叶いませんでした。由比の街でランチタイム外ならここしかないというお店に行きました。


メニューの選択が難しいのですが、絶対美味しく堪能したいとあれもこれも…


僕はテンコ盛り丼です。


桜エビの街由比。今は休漁期ですが。お腹も満たされ東海道本線由比駅から興津駅に向かいました。


興津駅前の薄寒桜(うすかんざくら)。日米友好のシンボルとしてワシントンに送られた桜は、静岡市清水区興津にある「果樹研究所カンキツ研究部興津(果樹試験場)」で生産されました。日本に残った桜の苗木は興津で薄寒桜として見ることができます。この日、2月4日はその果樹試験場の年に一回の開放日。この山行の最後は果樹試験場の見学という予定でしたが、浜石岳までの長距離の登山道にしっかり時間がかかってしまい(僕の見立てが甘かった…)、見学は叶いませんでした。東海道興津宿、侮れません。


帰りにまたまた薩埵峠を車で訪れ山行の最後としました。


2018年2月4日日曜日

薩埵峠

浜石岳に登って来ました。この山行、寒いところが苦手な僕がどこか面白いところはないかと考えた物です。このエリアは調べれば調べるほど面白いエピソードがテンコ盛りです。山梨から、静岡から、名古屋からそれぞれのご参加いただいた方がいて凄く段取りが難しいアプローチになりました。名古屋からの方は新幹線で新富士駅にて合流。ネットが普及していなかったちょっと前なら成立していなかった山行なので、やっぱすごいな~と思います。国道1号線で駿河湾が見え、お~!となりました。


国道1号線を静岡方面に移動。左が駿河湾右が薩埵峠、いちばん狭い場所。上は東名高速です。とっても立体感がある道路。


興津に車を停めて歩き始めました。興津川を渡る橋です。江戸時代の東海道とその後に出来た街道の成り立ちで元々のみちは?という感じではありますが細かいことはまぁいいじゃないですか、とりあえず薩埵峠を目指します。写真の見える山のむこうが薩埵峠です。


このサインが、環境省と静岡県連名の道しるべです。


興津川の左岸に渡ってこんな説明板。江戸時代の旅はやっぱ大変だったのでしょう。


ぐるぐるっと回ってこの墓地の先が薩埵峠への道です。


ちょっと急な道。短いので問題にはなりません。どんどん東に移動しながら開放感のある空間になりました。


桜が満開!この桜、薄寒桜というサクラです。有名な河津桜より早く開花する桜だそうです。薩埵峠の南のエリアは満開で散り始めてました。


薩埵峠の見どころは、意外に距離があって桜の開花を楽しんだエリアから先ではまだ5分咲きの薄寒桜だったりしました。まだ寒い時期なのでちょっと移動するだけで開花状況は変化します。


さすが静岡県、こんな無人販売で格安でみかんが販売されています。わくわくです!


幸田文さんの文学碑は薩埵峠にありました。全国の交通の難所を訪ねたのでしょうか?


ここの駐車場は大人気の場所で、あっという間に埋まってしまいます。車の出入りが激しい人気スポットです。ここに車を停めて浜石岳に行くというのはNGです。登山者よりも普通の観光客の方が圧倒的に多いからです。登山者の方が圧倒的に少ないという場所のほうが多いと思います。そんな神経の使い方は大事です。


歌川広重の由比というタイトルの浮世絵。崖っぷち感が出てます。この浮世絵を見てむちゃくちゃ行きたくなった場所でした。なのでこの日の山行を一番エンジョイしたのは間違いなく僕です。御参加いただいた皆様ありがとうございました。



2018年2月1日木曜日

饅頭峠読図

甲府のアウトドアショップの老舗ともいえるエルクさんの地図読み講習のリクエスト。社長の柳沢さんとの付き合いも30年くらいになるでしょうか。机上講習からのスタート。


茅ヶ岳の南の地形、尾根を赤線、沢を青線、こうすると尾根と沢の関係が良く分かります。「尾根のとなりに尾根はない!沢のとなりに沢はない!」というのが本質です。


ベースプレートコンパスも様々ですが、使いやすいものはあります。プレートと可動式のリング、辺のスケール、みんなそれらはカバーしていますが付いている場所が違ったりして、使いやすいツボはあるのでそれはお伝えしました。


自分的には頑張ったプレゼンテーション。プレゼン用のソフトを使って資料作成。プロジェクターで映しながら地形図、地図読みの説明をしました。


やはり現場が落ち着きます。机上でどんなに頑張っても、フィールドでの実践に勝るものはないと思います。茅ヶ岳の登山口から4kmほど歩くフィールドで、地形図と実際の地形を見比べ確認しながら進みます。


等高線と友達になるテーマです。沢地形なのか尾根地形なのか、等高線の変化がある所は徹底的に検証します。


里山で標高も低いので、雪の影響はほとんどありませんでした。こんな石積みがとっても里山らしい。僕も初めて歩いた昔の仕事道。いい感じでした。


地形図上の登歩道の破線が伸びている先に行ってみました。2つの沢地形の先に尾根上の等高線が一本閉じた小ピークがあるはずでしたが、実際にはありませんでした。


その場所の写真です。こんなことはたまにあります。等高線一本が閉じたところ、何もないじゃんというのは割とあります。


こんな資料をベースに歩きます。これ作るの結構大変です・・・


お昼、体験して頂きたくてツエルトを張りました。30デニールのナイロンの生地の内側と外側は別世界です。それを知っているのと知らないのは大違いです。里山でも風が冷たい


ずっと地形だけを見て行動していると、地図読み初心者の方々も地形だけを見るようになってきます。その様子を見ているととても面白い!


本日一番の特徴的な等高線の場所の登り返し。この登り返しは地形図には登場しません。標高差が10mないので等高線はフラットです。地形図が表現できないということを知ることも地図読みなんです。


四等三角点「饅頭峠」。三角点は大事ですよという話をした後で愕然とした眼前・・・


尾根に登って東側の谷筋に雑木林のはずが・・・別世界の景色に変化していました。饅頭峠の三角点のとなりのコルから南東の尾根を下ると、深田久弥の石碑の所にドンピシャで下りられます。地図読みの最後のお楽しみで結構気に入っていたのですが、もう叶わないお楽しみになってしまいました。


地元の土建会社の名前が書かれた、県の許可を得た上での開発であるという看板はありました。決まり事を守った上でのソーラーパネル設置だと思いますが、この景色を見て納得する人はいないでしょう。あり得ない開発です。地元の人も反対したという話は聞きました。とりあえず登山口の景色は一変してしまいました。