2017年3月17日金曜日

シラビソ小屋と高見石小屋

先週は北八つで雪の中を歩いていました。写真を撮ることが難しかったけど、きれいなやつ、印象に残ったやつをアップします。まずはカラマツの人工林。山梨も多いカラマツ林です。


シラビソ小屋の煙突から昇るけむり。寒気が下りて来ていてとても寒い日だったので、嬉しくなっちゃう煙突のけむり。小屋に入れば暖かいということがわかるけむり。


「頂上は無限を憧れながら有限を超越しえない地の悲哀を象徴している。 山口耀久あきひさ」  北八つと言えば「北八ツ彷徨」という有名な本の登場です。実物のサインでしょう。今度行ったら聞いておきましょう。とても気になりました。


小屋の中からの天狗岳。いちどは泊まるべき小屋シラビソ小屋です。


-11℃くらいの気温。


シラビソ小屋の夕食。本当にいい小屋です。冬の厳しい環境の中、泊めていただく僕らのために暖房はガンガンですし、何より食事が明日のためのエネルギーになるという配慮を感じます。やっぱ炭水化物とり放題でみそ汁のお代わりありますよ!ってのが良いです。


トイレの前の洗面台の水。寒さで氷ってすごいことになっているにもかかわらず日常の光景って感じ。どこからどうやって引いているのかわからないのですが、冬山で生の水がゲットできるという事は貴重です。生の水ですよ!全てが氷る世界です。


これは中山峠です。東側から見ています。


きれいな樹氷。


雪が風で飛ばされたところ。


気象条件が厳しいほうが奇麗だったりします。


空の青さが半端ない!



ロープが張られているのは、夏のコマクサの保護のため。


東天狗。


稲子岳。この辺りの地形のことは以前詳しく記事にしました。こちらです。


北にニュウを目指した樹林帯。大きな岩と発達した木の根の上に雪が積もっていて、雪の下が空洞のところがたくさん登場しました。踏み抜きなんてもんじゃぁありません。体ごと落とし穴に落っこちた!なんて感じでとても危険な樹林帯でした。


ニュウの稜線。


高見石小屋


高見石小屋のストーブ。


夕食。ごはんはお代わりできます。朝食はバターロールです。


高見石の日の出。


三日目にしてもまだ寒気に覆われていた八ヶ岳。


白駒池


白駒池


丸山



しっかり張ってみたツエルト


下山した頃にやっと寒気が何日かぶりに抜けて行った感じの青い空。


駐車場はツルツル。


2017年3月15日水曜日

三浦 岩礁の道

せっかく三浦半島までやって来たのですから、どんな所なんだろうと探りたくなった朝。


関東ふれあいの道、三浦・岩礁のみちというのがあったので、山ではありませんが岩ごつごつの海岸沿いの道を歩いてみました。関東ふれあいの道というのは、約30年前に全国的に整備されたハイキングコースの総称のようですが、詳しいことはわかりません。
「環境省の長距離自然歩道構想(北海道から 九州まで、総延長21,000km)の関東版、首都圏自然歩道のことで 1988年頃までに整備された関東1都6県にまたがるハイキングコース。 「関東ふれあいの道」は、全部で144コースあり、総延長は1655kmになります。」


毘沙門湾から盗人狩ぬすっとがりまで行ってみました。


ルートを示すコンクリートの目印。だいぶ風化が進んでいます。潮風や波で海沿いの道の整備は大変だろうと想像できました。


海の浸食がメインのエリア。


海の岬と入江の関係は、どことなく山の中の尾根と沢地形の関係と同じなのだと思います。それも歩いてみないとわからないことです。


盗人狩。説明板の内容
昔、盗賊が追われて、この山の端まで来て下を見ると、恐ろしい断崖(高さ約30m)と怒涛のさか巻に、ぞくぞくと身振いして足がすくんで動けなくなりたやすく捕まったという。それで「ぬすっとがり」の名が残っている。


見事な縞模様の地層が広がっていました。


なんとも不思議な景色です。


東に目をやれば、房総半島の山々が見えました。真ん中の双耳峰の山が富山とみさんです。


漁業権もあるので、あくまで自家用採取だと言っていたおじさん。わかめが取れる季節になったという事らしいです。海藻も旬があるんですね。


天然わかめです。


こちらは、毘沙門湾に干されていたひじき。


この辺りで統一された関東ふれあいの道の案内。


三浦半島も南は畑だらけです。ちょうど大根の出荷時期みたいでした。大根畑にびっしりの大根。



三浦野菜の畑が続く大地。


農家によってやり方はいろいろなのでしょうが、効率を追求している感じはよくわかりました。


収穫して洗浄して段ボールに詰められて、トラックに積み込まれた大根。


農家直営の販売所がたくさんありました。新鮮で安い!


直売所は作業所も兼ねています。収穫した根菜を洗う装置。


いつでも売られる状態になった大根。見事でした。こういうの大好きです。



Miura base ichi

三浦アルプスで地図読みをした夜は三浦半島の先端、三崎に移動して泊まりました。ガイド仲間が始めたゲストハウス、bed&breakfast ichi 一泊朝食付きの宿で、築80年の民家を改築したもの。マグロ漁の船員の下宿だったり、髪結いを営んでいたり、 小説家が住んでいた時代もあったそうです。その建物を約半年かけてリフォームしたゲストハウス。


けっして広くはありません。築80年以上の木造家屋を自分たちでリホームした建物という事で、手作り感にあふれています。


改築する時に本職がいたかどうかはわかりませんが、細かなところまでこだわりを感じました。壁、床、柱・・・


階段は狭く急ですが、しっかりした手すりが付けられているので酔っぱらっていても安心です。


二階の洗面所。


部屋の飾り窓。


お風呂はありません。シャワールーム。


お部屋。もともと民家でした。隣の部屋とは襖だったりします。


朝食の準備をしていただいています。


やさしさを感じた朝食でした。美味しかったー! 三浦半島の野菜、春野菜が旬です。


ごはんとみそ汁はお代わりできます。


成相修・祐美さんご夫婦。新婚さんが営む出来立てほやほやのゲストハウス bed&breakfast ichi 宿屋のご主人と女将さんって風格が出るまで頑張ってください!お世話になりました。