2017年1月16日月曜日

アイゼン

冬山に登るために必要な装備のひとつ、アイゼンの話です。僕がアイスクライミングや冬の岩登り(あまりやりませんが)以外、普通に雪山を歩く時に使っているアイゼンは、ブラックダイヤモンド(BD)のコンタクトストラップという10本爪のバンド一本で締めるアイゼンです。使い始めて7年目でしょうか。アイゼンは踵のバックルを押さえるだけでワンタッチで装着できるものがお勧めです。寒い山の中で簡単に装着できるからです。僕がワンタッチではなくバンドタイプにしている理由は、アイゼンを貸すことがあり、ワンタッチアイゼンは靴の形状で装着できない場合があるからです。とても気に入っていますが、バンドが切れかかっているところがあってバンドを交換しました。アイゼンの爪の先端も丸みを帯びてきたので削ることにしました。下の写真の右は摩耗した爪と左はヤスリをかけた爪の違いです。


これも道具の手入れという事になります。万力という道具でアイゼンを固定して削ってもいいのですが、アイゼン自体形状が複雑なのでそれも難しいので、左手でアイゼンを押し付けて削った方がやりやすかったりします。(僕は右利きです)ここでは木にアイゼンを押し付けています。左手が万力の役目をしています。


注意すると言えばアイゼンの爪の付け根からヤスリをかけるということです。先端だけ尖らしてもすぐに丸くなってしまいます。アイゼンは雪や氷の上だけを歩くわけではなく、結構岩の上でも使います。岩が相手だと金属はすぐに摩耗します。


使うのは金属加工用のインチヤスリ。ヤスリ目の粗さで中目、細目、油目と細かくなっていきます。荒いほうが早く削れますが、削った面が荒れるので最後は油目の粗さのヤスリをかけます。写真のヤスリ、左が細目、右が油目のヤスリです。


僕はガイドの仕事をする前は、貴金属加工の仕事をしていました。平べったい地金をたたいたり丸めたりくっつけたりしながら宝飾品を作ってました。写真の右はデザイン画です。この絵を基に作ったサンゴのプラチナのペンダントが左です。
道具に手を加えるのは中々勇気がいることです。第一めんどくさいし・・・今回灯台下暗しって感じだったのは、中々億劫で手が出なかったアイゼンのヤスリがけ、よく考えてみたら、金やプラチナを削るよりステンレスのアイゼンを削る方が簡単だと思ったのでした。宝飾品を作っていた経験が生きました。


切れそうなバンドの写真。こういうのははっきり言ってやばいですよね。ちゃんとチェックしないで、力強くバンドを締めて、ある日突然ブチっていう日が来るわけです。気付いてよかった!


甲府のエルクに問い合わせて、バンドをパーツとして取り寄せていただきました。1,000円くらいでした。ただ、カタログや輸入代理店のロストアローのHPには登場しないパーツでした。こんな時、地元に信頼置けるショップがあるという事は有難いです。大いに利用してください!


購入時はバンドの始まりのところは縫ってありました。ミシンがないと交換できないの?と思っていたら、台形のプラスチックのパーツ入り。


古い切れそうなバンドをハサミでちょん切って、プラスチックの調整可能なパーツを通して復活したアイゼンです。爪もしっかりシャープにしました。これで安心して雪山で使えます!


僕はヤスリがけがしっかりできるので、まあるい爪でアイゼンがクラストした雪面に刺さらないまま使っている方危ないですよ!5~7千円で承ります。アイゼンのヤスリがけです。どうぞお問い合わせください!こちら

2017年1月13日金曜日

山と渓谷2月号

山と渓谷2017年2月号№982 は明日発売です。特集は単独行。やぶ山三ちゃんが登場します。


山と渓谷編集部から取材申し込みのメールが来たのが、去年の11月中旬。いろいろなやり取りがありました。「単独行の理由は?魅力は?メリットとデメリットは?印象的なエピソードは?・・・」僕はガイドですので、この山に行きたいとか、こんな山登りをしたいというリクエストにお応えして、お客様をサポートするという登山形態です。最近は個人的な志向で登山をするということがほとんどないので、単独行はしませんと返事しました。
特集の表紙です。甲府市の和尚殿の岩峰に立ってます。遠くに富士山が見えるのが山梨の山です。


下見が目的で単独で山に入るという事は伝えてありました。じゃあその下見山行の取材をさせてくれという事になりました。雑誌に取り上げられるという事は、ある意味チャンスです。自分を知ってもらうのに広告費もいらないわけですから。山梨県内のあまり案内されていないルートを三つほどお知らせして、黒平のみみ石を選んだのはヤマケイ編集部のNさんでした。


紙面の抜粋です。本当にみみ石はカッコいい山だと思っています。そんな山に自分で考えて登るってことは登山の基本だと思っています。そんなことを実践できる登山者は少数だとしても。こういった山行に興味がある方はぜひやぶ山三ちゃんの地図読みにご参加ください。実践の近道です。そんなことばっかりやっているめずらしいガイドです。


下の写真の遠くのとがった山がみみ石です。僕のブログに何度も登場しています。


取材行で実際に歩いた地形図も掲載されました。登り始めに道間違いしたことも記事の中に登場するのはご愛敬!


ガイド山行も雑誌の紙面づくりも、作りあげるという事は大変なことだと思います。単独行テーマの号の後半に、編集者Nさんが笊ヶ岳に登った記事に登場するやぶ山三ちゃん。


原稿のチェックを頼まれましたが、スルーしてしまったことは反省です。みみ石がどの文献にも出てこないと記事の中では書かれていますが、少し気になって甲斐国志を見てみたら「耳石」という表現でみみ石登場してました。この取材行のブログはこちら
雄山閣編の第2巻、山川部第一 巨摩郡北山筋の2ページ目 「斧落オノオチ沢ハ舞台・耳石・大株諸山ノ下溜ナリ」尾ノ内川⇒斧落沢 だったんですね。斧落がわかっていたらよかったのに・・・すんません。


こんな感じにご紹介いただけることは、本当にありがたいです。どうぞ皆さんお買い求めください!

黒百合平

カメラを持っていくのを忘れた日でした。仕方がないのでスマートフォンでとったものをアップします。北八ヶ岳の唐沢鉱泉がスタートの朝。1月8日の夕方からの降雪で唐沢鉱泉までの林道、タイヤチェーンを付けないと車が登らないかも?と、韮崎を早めに出発した朝でした。それは杞憂で、後輪駆動の僕の車でも問題なく唐沢鉱泉への林道をこなせたのでした。唐沢鉱泉に着いてすぐの東の空は、少しピンクに染まりました。


ピークハントにはこだわらず、雪山での基本技術、歩き方やピッケルの使い方、アイゼンワークを中心にというリクエスト。おのずとまずは地図読みとなった日でした。地形と地形図を照らしながら黒百合平に向かいました。途中2ヶ所、地形図上の徒歩線(登山道です)が実際と違うということが確認できた地図読みでした。尾根をまたぎ、沢地形に入り、それを繰り返して暖傾斜の地形の中に等高線が閉じた小ピークを見つけるという中身の濃い地図読みでした。その後渋の湯からの登山道と合流です。渋の湯方面の地形が特徴的なので、進行方向とは違うのですが確認しました。唐沢鉱泉と渋の湯の合流点の渋の湯側の登山道は特徴的なんです。


黒百合平手前で見えた青空。やたら使われる言葉‘八ヶ岳ブルー’です。


黒百合ヒュッテを通り過ぎて中山峠です。風が強くなりました。写真の粒粒は風に飛ばされた雪です。


東天狗に向かい登山道。吹きさらしがの場所が2ヶ所はあります。写真は左東天狗、右が西天狗。


東天狗に登る急傾斜の斜面です。左に雪庇が出来るところ。この手前のダケカンバの樹林帯でツエルトを張ってお昼にしました。ツエルトの中は強風とは無縁で、寒い中でも別世界。


強風の中での行動を体験していただいて下山しました。強風がいかに行動を妨げるかということが実感出来たと思います。実際の気温以上に、風による体感温度の低下ということです。強風の中でバランスを崩したら滑落です。止まることは難しいでしょう。滑落しない歩き方が大事です。


黒百合ヒュッテに戻ってきました。樹林帯の中は強風に翻弄されることが少ないです。


通年営業の黒百合ヒュッテ。寒い雪山ではとても有り難い存在です。今回は唐沢鉱泉から中山峠のピストンとなりましたが、雪山を始める人にとって渋の湯~黒百合ヒュッテ~天狗岳のコースは、日本でも有数のコースでしょう。危険が少ない天狗岳までのピストンはおすすめです。


黒百合ヒュッテ横の急斜面を何度も登ったり下ったり、右足左足交互に体重移動を意識しての練習をしました。


こんな斜面です。天気予報通りに雪雲がかかってきた午後2時過ぎ。


前日までの降雪でラッセルもあるかも?と思っていましたが、トレースはばっちりついていました。


唐沢鉱泉に下ってきました。林道わきの鉱泉の源泉。白っぽいのは湯の花だそうです。


源泉の上にある小さな石祠。樹皮が剥かれた丸太が4本立っています。御柱です。去年は諏訪大社の御柱祭りが行われた年。諏訪大社の御柱祭りが終わると、今度は各地域の神社で御柱祭り=小宮祭りが行われるそうです。小宮と呼ばれるのは諏訪地方の6市町村(岡谷市・諏訪市・茅野市・下諏訪町・富士見町・原村)に点在する大小様々な神社。諏訪大社につながる神社だけでなく、諏訪の神々とは全く無縁の氏神から八幡社や稲荷社、各地区の産土神、道祖神、個人の屋敷神にいたるまで、それぞれに御柱が建てられます。さしずめ一番小さな御柱ということでしょうか。


下山して八ヶ岳の裾野を車で走りながら、夕日に照らされた北八つの山々がきれいでした。


2017年1月11日水曜日

赤岳

冬山チャレンジは高いハードルです。寒さや強風に耐える装備や技術の習得がないと簡単には山に入れません。目標の山頂に気軽にチャレンジとはいかない冬山です。それでも比較的入りやすい山が八ヶ岳です。アプローチが短いことと、冬でも営業している山小屋がいくつもあるからです。
写真は八ヶ岳の代表的な登山口の美濃戸口の入り口です。歩くと約1時間の林道を車で入ることが出来ます。1時間の林道歩きを端折ることが出来ますが、四駆でさらにタイヤチェーンを携行した方が安全な林道です。その注意喚起の案内が林道入り口にされています。


美濃戸口から林道を歩いてアプローチの最後の小屋、美濃戸山荘。この日が最後の営業日でした。春まで小屋じまい。ここから登山道です。柳川南沢に入りました。


雪が少ないです。南沢に入ってしばらくは夏と変わらない状態でした。堰堤工事の影響か、沢身から離れて設置された登山道は非常に歩きにくいものでした。


それでも中間部を過ぎると雪道になり、南沢のアイスゲレンデ近くは沢が凍ってアイゼン必須の状態でした。


急斜面を登った後の南沢は緩やかな感じになります。主稜線の横岳と青空がまぶしかったです。


行者小屋到着。ここから本格的な登山となるベースのひとつが行者小屋です。


横岳と青空。


山梨をのんびり出発して、行者小屋のテントサイトに冬用テントを張りました。強風や寒さ対応のテントでないと冬山には対応できません。雪を踏み固め、テントに外張りをかぶせて準備万端。写真がうまく取れませんでしたが、暖冬のせいか行者小屋のテントサイトは水場の水が勢いよく流れていました。冬は雪を溶かして水を作るところからのテント生活ですが、山の中で水が取れるのは信じられないくらいありがたいことです。普通なら凍っていますから。


翌日は地蔵尾根から赤岳を目指しました。地蔵尾根は急で危険な尾根です。


地蔵の頭に出ました。奥秩父や浅間山、上信越の山々が見えるようになります。


主稜線に上がっても暖冬の影響が垣間見れました。岩の露出です。アイゼンを靴に装着しているので、岩のところは慣れないと歩きにくいです。バランスを崩さないように慎重に進みます。


赤岳天望荘。2月の初めまで通年で営業しているようです。八ヶ岳の主稜線の上で、信じられないくらい快適に過ごせる小屋です。


赤岳の急な登りから振り返って見た横岳。雪が少なかったです。


赤岳は八ヶ岳で一番高いピーク2899m。いまさらながら確認しました、赤岳の山頂は一等三角点が設置されていました。


赤岳から南を見ます。手前が権現岳、奥が南アルプス。


赤岳からの下りの始まり。帰りは文三郎尾根を下りました。


ほぼ真ん中を下ります。鎖が設置された岩場です。


僕の使っているピッケル。ペツルというブランドのサミテック。


文三郎尾根と中岳、阿弥陀岳の分岐まで降りてきました。


文三郎尾根も急傾斜です。滑落なんてしないように慎重に下ります。


行者小屋に下り、テントを回収して南沢を下りました。


氷が露出した沢身をアイゼンを聞かせながら楽しみました。氷も傾斜がないと楽しいです。


美濃戸口まで下ると救急車が停まっていました。何かあったのでしょうか?救急車は奥まで入りません。


美濃戸口もおしゃれなお店が出来ていたりして変わってました。駐車料金は1日500円です。