2016年12月2日金曜日

みみ石

金桜神社の鳥居です。今は甲府市ですが、昔の字名で言うと御岳町です。日本百名山の金峰山に登る古の道はここがスタートでした。金峰山講の信者さんがたどった道。金峰山講中登山の最盛期には神主の家が70軒、参詣者の宿泊所が200軒もあったと言われている御岳地区です。


金桜神社のある御岳地区は今でも、いかにも宿屋さんだった感いっぱいの建物が並んでいます。この写真の建物は松田屋という屋号も見えます。金峰山講で栄えたみたけ道です。


甲府市営林道みたけ線を走って、猫坂過ぎに登場する大展望。右奥のはるかに見えているのが金峰山。手前左のとがったかっこいい山がみみ石と黒平地区で言われているピーク。この角度から見えるみみ石がとってもお気に入りなんです。こんな形のいいかっこいい山はなかなかお目にかかれません。


この日は「山と渓谷」という月刊誌の取材でした。編集者とライターさんとカメラマンさんと一緒にみみ石を登りました。なんとも説明が難しい展開です。テーマは単独行。事前に電話でやり取りして、テーマに沿うかどうかは編集者が判断したと思うのですが、いっつものやぶ山三ちゃん的な登山道のないところを地図読みしながらご一緒いただくという展開になったのでした。みみ石なんてそれこそ甲斐国志にも載っていません。この山の地元の黒平地区の人に聞いて確認した山名です。こんなかっこいい山、登山をしている人なら登ってみたいと思うに決まってます。


みみ石の南側には花崗岩の独特の岩峰があります。和尚殿おしょうでんと地元の黒平地区で言われる岩峰です。岩の形が和尚様が修行をしているみたいだという発想だそうです。和尚殿にも始めて行ってみました。すっごく気持ちのいいところでした。


風化した花崗岩のこんなくぼみもありました。


西の方角の黒富士や升形山。なかなか見ることない角度からの山々の連なりでしょう。


和尚殿からみみ石を見ました。真ん中の山です。みみ石に向かいます。


複雑な尾根ではないのですが、ただまっすぐ登ればいいという感じでもないみみ石です。なにげにけものみちを使ったりして、楽に登る努力をします。


僕らは地形図だけで判断するしかないので、南側の尾根状から山頂を目指しましたが、地元の黒平の人は、みみ石1664mの標高点の西に展開する尾根から登っていたそうです。山頂近くに、耳の形と言ってもいいような形状の大岩がありました。すぐ北側にみみ石から西に延びる尾根が確認できたので、その尾根からこちら側を見た時、耳の形に見える大岩が確認出来るのかもしれないと思いました。みみ石の由来です。


カメラマンさんのレンズに移っているのは八ヶ岳。すごくめずらしい角度からの八ヶ岳の全貌。


みみ石山頂1664mはこんな感じになんとはない景色です。


やぶ山を歩いているときに、見つける痕跡。人が歩いている証拠の枝折。こんな痕跡があるところを歩いたほうが楽なんですが、山と渓谷の編集者から教えていただいたこと。「しおり」の語源は、木の枝を折ることで山道などを歩くときに目印としたことから転じて、本をどこまで読んだかという目印などを「しおり」というようになった。枝折りということでしょう。


みみ石から北上してぶつかるトクサ(木賊)というピーク。左側のクリスタルラインという林道上にある木賊峠があります。


尾ノ内川上流を下りに使いました。上黒平の集落に流れる沢です。等高線が緩いので問題ない沢かと思いましたが、お決まりのように小さな滝が登場しました。


いくつか登場した滝のひとつ。下るのにさほど難しいわけではありませんが、こういうギャップは少し緊張します。


紅葉も終わって、凍ってしまう前で、結構歩きやすいのですが緊張の沢下りです。


沢身から頃合いを見計らって、みみ石と和尚殿の間のコルに登り返しました。だいたいドンピシャだった登り返し。


みみ石と和尚殿の尾根から西の沢を下りました。途中にはいくつもの炭焼き釜の跡。


夫婦木神社の御神木を切り出したところにある,石祠と熊の爪痕が残るトチノキ。


いちばん立派な炭焼き釜の跡。


上黒平集落からの北の景色。左側に和尚殿が見えるのですがうまく写真に収められませんでした。ひとの暮らしと読図を必要とする山登りは自然に僕のテーマとなっているようです。山と渓谷の来年1月号か2月号に掲載されるはずのみみ石の山行です。はっきりしたらブログ記事に書きますのでお楽しみです!


小武川

小武川は鳳凰山から流れる釜無川の支流です。林道小武川線を青木鉱泉に向かいました。


標高800mくらいの最後の紅葉。2016年11月21日でした。


南アルプスユネスコエコパーク韮崎市地域推進協議会研修会にお邪魔しました。
ユネスコエコパーク=地域の豊かな生態系や生物多様性を保全し、自然に学ぶと共に、文化的にも経済・社会的にも持続可能な発展を目指す取り組みです。(南アルプスユネスコエコパークより)


テーマは「南アルプス・鳳凰三山の大規模崩壊」 南アルプス・鳳凰(ほうおう)三山の東麓(とうろく)で奈良から平安時代に起きた大規模深層崩壊(岩石なだれ)現場の見学です。現場は鳳凰山薬師岳に登る登山道の中道ルート取付き手前の傾斜のゆるいところ。標高約1200mの林道脇です。この横たわる倒木が小武川の大昔の山体崩壊の証拠なのです。


専修大学の苅谷愛彦教授。丁寧でわかりやすい解説をしていただきました。


専門的なことは全く分かりませんが、この倒木を年輪年代法という方法で調べたら、887年に枯死したということが分かったそうです。凄いですね!


887年という年、先月大月川岩屑(がんせつ)なだれというブログ記事を書きました。887年(平安時代の仁和(にんな) 三年)に北八ヶ岳の天狗岳の東側が山体崩壊したことを書いた記事ですが、同じ年に地元鳳凰山の小武川でも大規模な崩壊があったということに驚きました。小武川のケースは大月川ほどのスケールではありませんが、同じように小武川をせき止め天然ダムとなってせき止湖を形作ったそうです。そのダム湖のおかげで、山が崩れてなぎ倒されたツガやサワラの木がこうして化石のように残ったので検証された山体崩壊ということでした。


鳳凰山に登る御座石鉱泉からのルート上の、燕頭山2104.8mの南の崩壊した斜面が推定崩壊発生域です。今回の見学場所との標高差は約1000m。崩れ落ちた沢はドンドコ沢 という登山ルートです。1129年前の倒木のすぐ上の大岩が転がっているところ。1000mくらい上流から転がってきた巨岩です。


林道の脇にこんな大岩がゴロゴロしているということにもびっくりでしたが、その理由がはっきりしているということにも驚きです。1129年前の大きな地震で山が崩れてできた地形。


1129年前に山体崩壊で倒された木であるということがわかるんですから凄いです!


とても有意義な研修に参加させていただきました。


ドンドコ沢登山口の出発点、青木鉱泉はもう冬ごもりでした。


ボタンヅルの種が花が咲いたようにきれいでした。


2016年11月28日月曜日

城ヶ崎海岸

ものすごく久しぶりに城ケ崎海岸でクライミングをしてきました。月一の静岡山岳自然ガイド協会の研修。講師は日本山岳ガイド協会クライミングインストラクターの富永浩司さん。

やっぱり伊豆半島は遠いです。伊豆半島の東側の城ヶ崎海岸に向かう途中、十里木からの見事な富士山。宝永火口がばっちりきれいに見えました。


どんなルートを通っても渋滞に巻き込まれる感じの伊豆半島。二十代のころバイクでよく通ったんですが、相当むかしなので道路状況も様変わりで、やっと大室山が見えた時はホットしました。

久しぶりの城ヶ崎海岸、岩は変わっていませんでしたが、岩場に取りつくための諸々が大きく様変わりしていました。まず駐車場。小さな駐車場がエリアごとに点在していて基本的に有料です。別荘地の海岸沿いなので平らなスペースが元々あまりなく、無料のスペースもあるにはありますが、クライマーだけではなく釣り人も利用します。初めから有料駐車場に停めたほうがスムーズという印象です。ダイビングショップ系の駐車場で1日1,000円、それ以外で500円という感じです。  


初心者エリアの「フナムシ・ロック」。登る岩がどこにあろうが岩は岩。目の前の岩に取りつくのですが、波打ち際というのがなんともなじめない城ケ崎です。ここはもともとボルトがないエリアですが、ほかのエリアの多くのボルトは撤去されたということでした。エリアによって懸垂下降をするところのフィックスロープなども取り払われたようです。観光地で、別荘地なので、登攀禁止にならないようとの配慮です。当然、ここを利用するクライマーは、車の止め方、トイレの問題、ごみの処理など神経を使って利用しなければなりません。当然車中泊も禁止です。


スズメ岩と呼ばれている岩。磯釣りのスポットです。


右から左に五月雨式にルートが設定されています。初心者向けの5.8というグレード以下のルート。


登っている脇に波。なので波打ち際という感覚が半端ないです。海は相模灘です。波が高い日でエリアの右側、東側は全く取付くことが出来ない日でした。


波に洗われて丸くなった岩がゴロゴロしている小さな入り江です。海の波ってやっぱすごい!


スズメ岩の向こうの方がはっきり確認できるようですが、柱状節理、六角形の岩の成り立ち。


大室山から流れ出した溶岩が、急速に冷やされてできた岩壁。


巨大な鮫肌のような岩。岩登りしなくても、岩を観察しているだけでも面白い場所。


伊豆半島の地質の成り立ちが詳しい地図。


最近はまっている鍋焼きうどん風のお昼。時間に余裕がないと作れません・・・


ビレーデバイスの確認。どうロープを通すか?カラビナの方向はどちらか?クライミングインストラクターのアドバイスは、山を登って下るわけではないので、いたってシンプルに的確です。


写真のハーネスに結ばれたロープのループはちょっと大きすぎる感はありますが、今回確認できた新しい発想です。ハーネスにロープをエイトノットで結びますが、タイトに結ばないで写真のように大きめのループを意図的に作った方がいいというもの。このループの遊びがハーネスがひっくり返るということを防ぐようです。実践してみて、体重をかけてみて実感しました。ハーネスに結ぶとき大きめのループにした方が、ハーネスが安定します。
補足説明をいただきました。
クライミング用のハーネスにはビレーループが付いています。メインロープをウェストベルトとレグループのタイインループにエイトノットで結びます。エイトノットのループをタイトにしないで、ビレーループぐらいに大きめに作って結んだほうが良いということです。大きめのループで結んでおくと、落ちた時にまずレッグループに体重がかかって、次にウェストベルトにかかるという感じで、ブランコに座るみたいにハーネスにぶら下がります。エイトノットのループが小さいと、ウェストとレッグ同時に荷重がかかって、エイトノットのループを大きめに結んだ時より不安定になります。


トップロープの支点。これはツーバイト。


ラウンドターン。ロープではなくシュリンゲの結び方です。


ガースヒッチ(カウヒッチ、タイオフという言い方もあります)。


ツーバイト⇒ラウンドターン⇒ガースヒッチ、だんだん強度が弱くなります。スリングは結び目が多いほど強度が落ちるということが実験で証明されています。