2017年2月19日日曜日

西沢渓谷

冬山にチャレンジするぜ!と言う時に真っ先に浮かぶ技術、アイゼン歩行。アイゼン歩行に特化した技術講習で西沢渓谷に行って来ました。前日の雨と、この時期にしては信じられないくらいの高温(都内は20℃越え)でちょっとコンディションが心配でしたが、バッチリ狙い通りのことが出来ました。
倒れてしまっていた冬期封鎖・通行止めの看板。沢の中の状態がわかっていない人たちのためには必要なアナウンスだと思います。僕らは雪山に登る装備で入渓するので最強ですが、まともな装備を持たない人が西沢渓谷に入ったら、即、遭難です。


二俣のつり橋。この下で、東沢と西沢が合流して笛吹川となります。


西沢渓谷の立派な看板。


西沢渓谷に入って割とすぐに登場する階段。登り切ると、石塔尾根の枝尾根の上に出ます。ちょうど対岸に大久保沢が見えます。そんなことでも現在地がわかる読図です。


その枝尾根から少し下ると、俄然氷った登山道になりました。アイゼン装着!


 登山道わきの斜面からのしみ出しが、冬の初めから溶けては凍りという事を繰り返して、だんだん発達する、というイメージ通りの景色になって来ました。夏にはたくさんのハイカーが訪れる山梨でも有名な西沢渓谷の渓谷道です。


 発達した遊歩道の氷。こんなところはアイゼンがないと手も足も出ません!足か?


この氷った斜面をアイゼンをつけて登っていきます。登山用アイゼン、4本歯、6本歯、10本歯、12本歯、と各種種類あります。どんな環境で使うかによって、その場所で必要なアイゼンの種類が変わります。歯の本数が多いほうがいろんなシュチュエーションで使えますが、確実な足の運びが出来ないと逆に危険だったりします。アイゼンの前に歩きが大事なんです。足の運びという事です。


アイゼンを購入するというのは頻繁なことではないです。何か明確な判断基準があれば、購入時に迷うことはありません。普通はショップの店員さんとのやり取りで、店員さんのアドバイスを信頼して購入。そのまま山で実践となります。購入したショップで冬靴と新しいアイゼンを合わせてもらって来ました、という方の写真です。小柄な女性の靴です。12本の爪。フロントを見てください。前爪がちょっとだけしか出ていません。前から二本目の爪の付け根に穴が見えます。前から2個目の穴に調整していれば一番前の出っ歯の爪はもっと前に出ます。このセッティングでは前爪使い切れません。フロントポインティングで前爪で立とうと思っても登山靴の先端が氷りにあたってしまってアイゼンの爪が氷に刺さりません。この12本歯のアイゼンの機能を生かしきれないという事です。道具のポテンシャルどうこうという前の話になってしまいます。


こちらはしっかり登山靴とアイゼンがフィットしていました。前爪がしっかり出ていてフロントポインティングで使える状態でした。つま先のアイゼンの爪の出具合が違うという事がわかるでしょうか?


氷った斜面ではごまかしが利きません。アイゼンの爪を斜面にしっかり効かせて、ピッケルとのコンビネーションで安全確保をしなくてはなりません。


七ツ釜五段の滝手前の橋。ここでお昼。


なめこと豆腐と絹さやと、最後は大根おろしをスリスリ。体の芯からあったまる味噌汁を作りました。


アイゼンワーク、突き詰めればフラットフッティングとフロントポイントというアイゼンの爪の使い方になります。なだらかなところだと練習にならないので、少し傾斜のあるところでの上り下り。氷の上で落ちると、そのまま滑り台のようになってしまうので、ロープで確保しながらの練習となりました。八ヶ岳などの高い山だと、低温、強風、なだれ、雪庇など本当の意味で危険です。そんなリスクがない所で、凍った斜面でアイゼンワーク、高い山以上にごまかしが利かない氷の上。ねらい通りでした。


フロントポインティングでシングルアックスで、確保された状態で集中してアイゼンワークのトレーニングでした。


せっかく氷の宮殿のようなところに来たので、知識、経験として体験していただいた、Vスレッド。アイススクリュ―という道具で2方向から氷に穴をあけて、その穴にスリングを通して支点を作る。こんなんで強度は大丈夫なんか?体重を掛けて頂き、どんどんピッケルで氷を削っていく・・・うぇー!強えー!Vスレッド!


夕方になって青空が顔を出してきました。


二俣まで戻ってきたら、鶏冠山が「待ってるぜ、今年は来いよ!」と言っているような気がしました。


2017年2月13日月曜日

三浦アルプス読図募集


登山をするうえで大切な技術、地図読みです。読図ともいわれます。地形図は等高線で実際の地形を表現しています。実際の登山シーンでは見える範囲は限られていたりします。沢地形に入っていれば尚更です。山での遭難事故の一番の原因は道迷いと言われています。よく言われる「読図による現在地確認」をしていれば道迷いは起こりません。が、その「読図による現在地確認」というのがなかなか…という方は多いです。もちろん様々なナビゲーション機器を使うというのもありだと思いますが、いちばんシンプルに国土地理院の地形図とベースプレートコンパスだけで地形図を読むことが出来ればそれに越したことはないと思います。いろんな登山教室が花盛りな昨今です。等高線の曲がりというのがキーワード!やぶ山三ちゃんの読図講習は、その等高線の曲がりを徹底的に検証しながら山を歩きます。等高線の曲がりは高い山でも里山でも同じです。ポイントを確認する度に「読図による現在地確認」が出来て、読図という作業を理解しながら進む約8kmの山行です。上の写真は三浦アルプスの地形図です。これを始め見た時正直驚きました。等高線の形という事です。僕が住んでいる山梨にはあまりない等高線の曲がりだらけです。山梨の山は急峻ですから。上の写真のような地形を歩けることが楽しみです。地図読みスキルを上げましょう!ぜひご参加ください!

日時  :   2017年3月11日(土)

集合  :   逗子市役所前 (京浜急行逗子線またはJR横須賀線)9:30集合

参加費   :  ¥8,000(ガイド料)
 
行程    :  逗子市役所=上ノ山公園-二子山-森戸川-乳頭山-上ノ山公園=逗子駅

持物  :2万5千地形図 『鎌倉』 ベースプレートコンパス、昼食、行動食、水筒、

      磁北線を入れて置くのがベターですが、当日お伝えします。
 

・お申し込み

・お申込みフォーム:こちらからどうぞ!

・催行にあたり同意書は必ず必要です。:こちらです。

・保険加入も必ず必要です。やまきふ共済会の共済をお勧めしています。:こちらです。

2017年2月12日日曜日

戸隠高原

所属している会の(静岡山岳自然ガイド協会)の研修で行って来ました。戸隠?黒姫?信濃町?北信五岳の山々の周辺はなんといっていいか、地域を表現するのが難しいとこです。そこに住んでいればここは信濃町だよ、とか戸隠だよとかいうのは簡単なのでしょうが、僕らにとっては妙高山のふもと、戸隠山のふもと、だいたい同じ感覚のエリアです。除雪車が働いている光景に出くわしただけで特別な感じでした。前夜から入った信濃町。同じ日本なのか?と驚くくらいの積雪量。世界でも有数の豪雪地帯に突入です。


戸隠神社中社の駐車場からのスタートでしたが、まずは県道の残雪量から驚きの高さとなります。2mくらいはありそうな雪の壁でした。


小鳥ヶ池。農業用のため池だそうです。


この日の研修の、登山技術としてのテーマはふたつ。一つは予めナビゲーション表を作った上で行動するというものでした。ナビゲーション表というのは、ホアウトアウトを想定したものです。予定ルート上のポイントを決めて(特徴のある地形)それぞれの場所の標高を記入し、次のポイントへのコンパスの角度(ベアリング)を測り記入。戻る場合のバックベアリングも記入。標高差、距離、想定した時間も記入。一連の行為をホアウトアウトナビゲーションと言います。ホアウトアウトって本当に恐ろしいです。一度前穂の北尾根の八峰のなだらかな傾斜でやられたことがありました。自分が地面に立っている実感が全くなくなり、すべてが白い世界で全方位の感覚がなくなってしまいます。
写真は硯石展望台から見た「一夜山1562m」です。


こちらは「荒倉山」今は長野市に入っている鬼無里村の山です。鬼にまつわる伝説がたくさんある山々。


足元はスノーシュー。今回のコースはスノーシュー歩きにとても適したところでした。


リョウブのドライフラワー。漢字で書くと「令法」。一説には、平安時代に飢饉の際の食料として、田畑で栽培して保存するように命じた法令に由来するという事です。新芽を食べることが出来て、米なんかに混ぜて炊いたものが「令法飯りょうぶめし」


リョウブは冬芽が面白い。先端の笠のようなのをとることが出来ます。冬芽が膨らんでくるのでしょうか?春の兆しのきっかけみたいなこと。


下りでは、雪の塊がコロコロ…マッシロシロスケの大群です。


鏡池到着。ちょうど雲も取れてきて青空が顔を出してきました。尖がったピークが戸隠山の八方睨はっぽうにらみ。


研修テーマのもう一つは、ビーコン操作。肌に近いところに装着して、send mode(電波を送る)にセットして行動します。雪崩が起きました!一緒に雪山に登っている人が雪崩に巻き込まれて雪の中に埋まってしまった場合、search mode(電波を受ける)にして、埋まった人が携行しているビーコンから発信される電波を救助者のビーコンで受信することにより、埋没した人の位置を速やかに特定して掘り出すための道具。雪崩で埋まってした人を救出する時間は15分以内と言われます。それ以上時間がたつと生存率が極端に下がってしまいます。当然メンバ全員がビーコンを装着していないと意味がありません。こんな練習は一人では出来ません。


来ましたーッ!白と青の世界。鏡池は四季を通じて素晴らしい景色が見える場所で有名です。秋の紅葉の時、条件がそろうと湖面に荒々しい戸隠連峰が映ってすごくきれいだそうです。写真は西岳方面。蟻の戸渡で有名な戸隠山よりも厳しい山です。


戸隠山方面。


鏡池からさらに進んで、みどりヶ池を目指しました。傾斜のないところは細かな川の流れがあり、それは地形図には表されていないので中々難しいルート取りでした。


ぐる~っと回って小鳥ヶ池に戻って来ました。氷った池の上、ちょっと怖かったけど問題なく渡れました。


試しに、池はどうなっているかと雪を掘りました。しばらくして氷の面が出てきて安心。


太平洋側の気候で暮らしている、山梨県韮崎市在住ガイドの三ちゃんです。同じ日本の中という事が信じられないくらいの雪国体験でした。



2017年2月10日金曜日

西沢渓谷募集


アイゼン歩行に特化した講習です。
渓谷美で知られる奥秩父の西沢渓谷。冬は遊歩道が凍って危険がいっぱいです。本流は水量が多いので対象になりませんが、遊歩道脇のしみ出しが大きく発達した氷になります。
氷の上でのアイゼン歩行はごまかしが利きません。冬山、アイゼンを必要とする森林限界から上などでは強風、なだれ、雪庇、低温など他のリスクがたくさんあります。それらのリスクを排除できる場所で、フラットフッティング、フロントポイント、ピッケルとのコンビネーションを中心にアイゼン歩行の練習です。確実なアイゼンワークが身に着きます。決して氷った渓谷ハイキングではありません。

日時  :   2017年2月18日(土)

集合 :  JR中央線 塩山駅 2月18日(土)朝 8:00

参加費 :  ¥10,000(ガイド料)
 
行程  :  塩山駅=西沢渓谷入り口-西沢渓谷ピストン=塩山駅 

持物 (参考装備です。全て揃わなくても構いませんが、ご相談ください) :2万5千地形図『金峰山』ベースプレートコンパス、昼食、行動食、テルモス、冬登山靴、アウター(上下)、中間着、インナー手袋、オーバー手袋、防寒着、帽子、ヘッドランプ、予備電池、アイゼン(前爪の出ている12本歯か10本歯のもの)、ピッケル、ハーネス、ヘルメット、カラビナ 、環付カラビナ、スリング、ストック、スノーシュー、ワカン


・お申し込み

・お申込みフォーム:こちらからどうぞ!

・催行にあたり同意書は必ず必要です。:こちらです。

・保険加入も必ず必要です。やまきふ共済会の共済をお勧めしています。:こちらです。

2017年2月6日月曜日

美濃戸中山

雪山に登るための講習をというリクエスト。雪の状態やその日の天候によって全く違うコンディションになる雪山なので、とても難しいリクエストだと思いました。日帰りという条件で僕が考えたルートです。定番と言えばそう言えるわけですが・・・
美濃戸口からの入山。美濃戸までの林道はアイスバーンと言ってもいいくらいになってました。そんなコンディションではチェーンスパイクが有効です。


南沢に入ってしばらくして登場する歩きにくいところは、2週間前よりも雪がなくなり相変わらずフレンドリーではありませんでした。


南沢のアイスゲレンデの入り口です。相変わらずの人気エリアで、トレースはばっちり!


南沢小滝。複数のパーティーが取付いていて僕らはお邪魔な感じでした。それでも滝の下までアイゼンを効かせて、雪面ではなく誤魔化しの効かない氷、ウオーターアイスにアイゼンの爪を刺して登りました。氷では明確にアイゼンの爪を刺す意識がないと滑ってしまいそうで不安になります。僕がアドバイスするまでもなく、力強くアイゼンを蹴りこんでくれます。


南沢小滝は人が大勢いたので、大滝に移動しました。バーチカルなところには取りつかず、下の暖傾斜のところを上がり下がりしました。凍った大きな滝を目の前にするという事もかなり特別です。アイスクライミングが目的ではないのですから。


南沢を行者小屋方面につめると、いったん狭くなった沢が傾斜が緩くなって広がります。誰かが作った‘エンジェル’が見事でした。後ろ向きにバッタんキューとなって、手をバタバタしてそ~っと起き上がるとこんな感じになります。天使の様ですよね?


柳川の支流の南にあるのが南沢、行者小屋があります。北が北沢、赤岳鉱泉があります。その沢を分けているのが中山尾根です。いくつもピークがある横岳の日ノ岳から伸びる尾根は主稜線から下がって、中山峠、中山展望台、美濃戸中山とポイントを下って、美濃戸の美濃戸山荘の下で終わる尾根です。アイゼンワークが終わった後はラッセル。ほとんど登る人のいない美濃戸中山に簡単な読図をしながら行きました。ここはスノーシューがばっちりでした。


南沢と北沢を分ける鞍部、コルです。写真ではわかりにくのですが、南側から登って行って、コルに達すると向こうの北沢の空間が認識されます。地図読みに置いてとても大事な感覚です。沢でも尾根でも進むことによって状況が変わり、今まで見えなかった空間が見えるようになるという感覚です。


予想していた通りに、何の展望もない美濃戸中山の山頂。こんなもんかって感じでした。


美濃戸中山の山頂からコルに降りて、そのまま中山展望台まで尾根通しにラッセルでとも思っていましたが、美濃戸中山でごちそうさまとなり、登山道のトレースをたっどっての行者小屋となりました。スノーシューもつま先の下のクランポンと呼ばれる金属部分をうまく使えると急傾斜もこなせます。僕は道具としてのスノーシューは高く評価しています。トータルでワカンよりも使えると思っています。
写真は南沢の勝手につけたマーキングの赤テープ。美濃戸中山のコルに最短で行ける場所


行者小屋まで登ってきました。暗い感じが夕暮れが迫っているという事を知らせてくれます。早くいかないと中山展望台でクライマックスに会えないじゃん!と焦ってました。


中山展望台から見た美濃戸中山。登った山が見えるという事は良いことです。展望の効かない山頂だったのでなおさらそう思えます。


スタートが遅かったので、最後はヘッデン下山という事は了解していました。なのでじっくり夕日を浴びた八ヶ岳を見ることが出来ました。


赤岳です。ここらで一番高いピーク。


赤岳西面をアップにしてみました。右側の一番大きな雪面の右上から左下にトレースが見えます。文三郎尾根のトレースです。風が強いと厳しいところです。


こちらは地蔵尾根。八ヶ岳の主稜線に一番早く登れる尾根です。真ん中の雪面あたり。


赤く染まってきた稜線がとてもきれいでした。


赤岳鉱泉アイスキャンディー。


夕暮れの赤岳とアイスキャンディー。


暗くなってしまう前にヘッドランプの用意をしました。ピークには立ちませんでしたが、はっきりとした目標をもって雪山を一日堪能した日でした。