2018年1月11日木曜日

磁北線

地図読みに必要な2万5千分の1地形図です。にごまんずと呼ばれたりします。コンパスの磁針が示す北は少しずれていて、場所によってその角度が違います。その角度はそれぞれの地形図に書かれています。地形図の左側にいろいろなことが書かれていますが、例えば「茅ヶ岳」の「地形図の基準」の6の項目には「磁気偏角は西偏約6°10′」6°10′は6度10分です。地形図の右上の角か左下の角に分度器やコンパスで西偏の磁北線を引くことが出来ます。ただどうしてもアバウトになってしまうので、三角関数(Tangent)を使った換算表を作ってみました。



三角関数と定規を使う方法による、磁北線をひく手順 
                        
三角関数のXTan(α)≒Y の式をを使って磁北線を引く

α:偏角  X:南北の長さ  Y:西方向にずれている長さ
     
← 偏角α
X(エックス)×Tan(タンジェント、α)≒Yの長さ

タンジェントの表
 
偏角α
0’
10’
20’
30’
40’
50’
3°
0.0524 
0.0553
0.0582
0.0611
0.0640
0.0670
4°
0.0699
0.0728
0.0757
0.0787
0.0816
0.0845
5°
0.0874
0.0904
0.0933
0.0962
0.0992
0.1021
6°
0.1051
0.1080
0.1109
0.1139
0.1168
0.1198
7°
0.1227
0.1257
0.1286
0.1316
0.1346
0.1375
8°
0.1405
0.1435
0.1464
0.1494
0.1524
0.1554
9°
0.1583
0.1613
0.1643
0.1673
0.1703
0.1733
10°
0.1763
0.1793
0.1823
0.1853
0.1883
0.1913
   
X(エックス)の数字に表の偏角αの数字をかければYの数字が求められます。

X(エックス)×Tan(タンジェント、α)≒Yの長さ

世界測地系の新図郭の地形図のXの長さは約415mm(41.5cm)
2万5千分の1地形図「茅ヶ岳」の磁気偏角、西偏約6°10′の角度で計算してみます。

41.5×0.1080(偏角6°10′)≒44.82mm   

右上の角か左下の角から44.82mmの所にマークして、その点と右下か左上の角を結んだ線が磁北線となります。

 磁北線換算表


0’
10’
20’
30’
40’
50’
5°
36.27mm
37.51mm
38.71mm
39.92mm
41.16mm
42.37mm
6°
43.61
44.82
46.02
47.26
48.47
49.71
7°
50.92
52.16
53.36
54.61
55.85
57.06
8°
58.30
59.55
60.75
62.00
63.24
64.49

磁針が示す北は動いているので、西偏角度は10年に一度くらいの頻度で見直されます。でも6度が8度にというような変化ではないので大勢に影響はないでしょう。「茅ヶ岳」も、平成28年版は西偏6度10分ですが、平成18年版は西偏6度0分です。
磁北線換算表(青い表)があれば磁北線はすぐに引けます。

2018年1月7日日曜日

浜石岳707m募集

薩埵峠から展望の浜石岳に登ります。


歌川広重の浮世絵、東海道五十三次「由比」、薩埵峠からの富士山です。

◇日時 : 平成30年2月4日(日)

◇集合 : 東海道新幹線新富士駅 午前8時30分

◇コース: 新富士駅=興津-薩埵峠-立花山-浜石岳-浜石野外センター-由比漁港
      標高差約700m、距離約14km、行動時間約6時間

薩埵峠さったとうげ
東海道五十三次の由比宿と興津宿の間の峠です。薩埵山が海へと突き出しているため、山側に迂回コースとして造られた薩埵峠です。歌川広重の浮世絵 東海道五十三次「由比」が有名で、当時と同じ景色からスタートします。幸田文の文学碑もあります。

薄寒桜ウスカンザクラ
興津で接木育成された桜の苗木がアメリカに寄贈されました。それが有名なワシントンD.C、ポトマック川畔の桜です。興津の農業試験場で育成されました。その農業試験場が年に一度公開される2月4日です。河津桜よりも早く咲くのでもう咲いていると思います。

桜エビ
深海に生息する小型のエビ。日本国内の水揚げ量のほぼ100%が駿河湾産です。由比漁協直営店「浜のかきあげや」で遅めのお昼ご飯を密かに楽しみにしています。

◇持ち物
帽子、手袋、防寒着、行動食、テルモス、ベースプレートコンパス、2万5千図『蒲原』
 
参加費 : ¥12,000(ガイド料) 

・お申込みフォーム:こちらからどうぞ!

・催行にあたり同意書は必ず必要です。:こちらです。

・保険加入も必ず必要です。やまきふ共済会の共済をお勧めしています。:こちらです。

2017年12月28日木曜日

丹沢 鍋割山募集

                             写真:ウイキペディア
日時 : 平成30年1月9日(火)

集合 : 小田急線新松田駅北口 午前8時30分

コース: 小田急線新松田駅=寄大橋-後沢乗越-
        鍋割山ピストン-寄=新松田駅
    標高差約800m、距離約7km、行動時間約6時間

丹沢山地は登山コースも多く交通の便もよいことから、関東エリアの登山者に人気のエリアです。中でも鍋割山周辺はブナ林が美しいことや、山頂の鍋割山荘の鍋焼きうどんが有名で人気です。丹沢のメイン登山口は大倉ですが、最短の寄(やどりぎと読みます。)からのアプローチとなります。
歩荷キングの小屋番さんは有名です。いつから鍋割山で鍋焼きうどんが登場したかはわかりませんが、小屋のHPにあった小屋の歩みにヒントがあるかも知れません。
鍋割山荘経営 草野延孝さん
昭和23年(1948年) 10月7日 長崎県有明町に生まれる
昭和51年(1976年) 4月 丹沢鍋割山荘に入る
昭和59年(1984年)  3月 佐々木恵子と結婚
昭和60年(1985年)  6月 本格的山小屋増改築着手 

◇持ち物
帽子、手袋、防寒着、行動食、テルモス、軽アイゼン、ベースプレートコンパス、
2万5千地形図 『大山』 


参加費 : 10,000円(ガイド料) 
      別途1,000円が鍋焼きうどん代です。

登山ガイド 三上浩文  tel:090-3593-7595   email : 3chan.mikami@gmail.com

・お申込みフォーム:こちらからどうぞ!

・催行にあたり同意書は必ず必要です。:こちらです。

・保険加入も必ず必要です。やまきふ共済会の共済をお勧めしています。:こちらです。

2017年12月26日火曜日

セミナー

神田神保町で行われた「山のグレーディング活用セミナー」の講師の一人として、こんなに天気の良い日に東京に出かけました。地下鉄は苦手なので、中央線お茶の水駅から歩いて会場に向かいました。


神保町三井ビルディング23階が会場。よく理解はしていませんがこのビルには山と渓谷社が入っています。セキュリティがとても厳しく単純に23階にエレベーターで行くという感じではありません。山のルートファインディングより厳しいと思いました。


いくつかの県が山のグレーディングというのを発表しています。以下をご覧ください。
長野県新潟県山梨県静岡県 それぞれの県をクリックするとそれぞれのグレーディング表を見ることが出来ます。共通しているのは、体力度を10段階、技術度をABCDEの5段階に分類して、登山計画を立てるときの参考にしてもらうという趣旨だと思います。基調講演は長野山岳総合センターの杉田浩康氏。その後各県のガイドがグレーディングを前提にした各県の山の紹介。その後グレーディングを参考にしながら登山計画を立てるワークショップという流れでした。それを2ラウンド。静岡県の山をご案内しました。


地上、標高とも言えますが約90mからの眺めです。スカイツリーは武蔵なので634m。


北に筑波山が見えました。


 長野山岳総合センターの杉田浩康氏のお話し。各回の参加者が約50人、2ラウンドで約100人の参加者でした。


プレゼン中のやぶ山三ちゃん。


注意してください。山梨に住んでいるおいらが静岡代表です。大丈夫、静岡の山を説明できるくらいしっかり登っています。それは自分に言っていたのかも知れません。いずれにしても人前でお話をするということは緊張ですから。プレゼンの様子がわかるかどうか?ですが、皆さんにお見せした資料を貼り付けます。


グレーディングをとしては優しい3Aの猫越岳ですが、ルートをちょっと変えるだけでグレーディングは変わります。写真の猫越岳の山行は今年の6月の山行で、読図で縦横無尽に伊豆山稜線を歩いたものでした。この時の内容だと3Aではなく、6Cでしょう。


富士山の富士宮ルートは5B、御殿場ルートは7B、でも富士宮ルートから宝永山の第一火口を通って御殿場ルートに行くと、おそらく5Bになる御殿場ルートです。


県の人のリクエストで絶対語ってほしいということで、南アルプスで締めました。8Ⅾなのでかなり難しいグレーディングになります。


これはいっつも言っていることですが、荒川赤石ではなく、赤石荒川で計画してくださいというもの。荒川赤石で回ると、急な傾斜の所や岩場が全部下りになってしまいます。赤石荒川で回ると、その悪場をすべて登りに使えます。赤石荒川の方がグレーディングが低い、そんな話をしました。


セミナーが終わった時はすっかり暗くなって夜景が奇麗でした。


神保町三井ビルディングの周りの明るさにびっくりでした。


有東木

有東木(うとうぎ)と読みます。
安倍奥の山行の帰り、以前から気になっていたところです。安倍川沿いの県道「渡ど」の集落を過ぎたところ右上に続く道を3㎞くらい登った集落が有東木うとうぎです。


ワサビ(山葵)栽培発祥の地と盛んに案内されています。
「わさびの栽培は、今から400年前、慶長年間(1596~1615年)に安倍郡大河内村有東木(現在の静岡市葵区有東木)で始まったとされています。その後、伊豆などの各地域へ広まっていきました。そのころ駿府に隠居していた徳川家康公に、有東木の庄屋がわさびを献上したところ、その香りとその独特な辛味を絶賛し、家康公のお声掛かりで有東木のわさびは門外不出の御法度品になったと伝えられています。」静岡県HP


お茶畑とワサビ田の有東木うとうぎ


わさび栽培発祥の地の記念碑


諸説あるようですが、有東木(うとうぎ)の前の呼び方が(うつろぎ)であったということ

「昔、この地に逃れてきた落ち武者が大きな洞に住み着いたことから「うつろ木」→「うとろ木」→「うとう木」といわれ、それが有東木(うとうぎ)の地名となったといわれており、これが店の名前の由来となっています。」静岡市HP


少しややこしいですが、有東木(うとうぎ)にある、「うつろぎ」というお店です。


が~ん、もう終わってんじゃん・・・


わさびの効いた蕎麦も、シンプルな「さびめし」も次回のお楽しみとします。

ちなみに、わさびの生産量は長野県安曇野がダントツです。次は静岡ですが、伊豆が生産量は多いです。安倍奥が栽培の発祥地ですが、今回八森山の沢筋で見た石積みにわさびが育っていた頃は、わさび栽培絶頂期だったのかも知れません。


2017年12月25日月曜日

八森山

安倍奥に向かう途中の富士川の川霧。国道52号線、昔の言い方だと河内路というのでしょう。早朝に通ることが多いのでこの川霧現象に出会う確率は高いです。お気に入りの記事


安倍川を北上。よく晴れた日、冬らしい青空。正面に見月山がほぼ見えてきました。この山の麓を左に峠越えをすると井川です。


一番高いのが八森山。1044mの三角点ピークです。真ん中の尾根を登った初日でした。


安倍奥本番でした。何が?ということですが、登山経験がない方と3泊4日のテント生活を安倍奥の八森山でするというものです。なんか不思議な文脈になっていますが、地質調査をするのだけれど、下から通うのは厳しいので山頂にテントを張って仕事をしたいというオーダー。水、食料、12月に標高約1000mで泊まれる装備、これを準備しなくてはならないというのは結構大変でした。僕も行ったことはない山だったので、地図の黄色い尾根を使えば最短で山頂に行けると考えて登りましたが、結果は緑の尾根のほうが楽に山頂に行けるという結果でした。いずれにしても3時間のアプローチでした。

さすが里山です。この山に山仕事で通っていた人々の痕跡がしっかりありました。有難く使わせていただきました。


もうすぐ正月ですが、正月の飾りに赤い実の植物を使います。「千両万両アリドオシ」のアリドオシです。登り始めにたくさんありました。「千両も万両もずうっ~とありますよ」という縁起物の植物です。


八森山にダイレクトに行く東尾根と言ってもいい急登の尾根、またしてもさすが里山で昔のトレースが薄いながらもずっと続いていました。でも登りにくかったのは急な傾斜が続き、全く遊び(傾斜が緩むとか景色がいいとかです。)がないつらい尾根でした。


ずっとこんな景色。石積みに、昔の山仕事に思いめぐらせたりします。


ずっと杉ヒノキの暗い森が続くので、マーキングも見づらいルートです。上渡というのは安倍川沿いの集落です。北東尾根は先ほどの地図のミドリの尾根ルートです。標高が1000mくらいのところですが、遭難して行方不明という事案がいくつもあるそうです。


八森山山頂の西の平にテントを張りました。


石ころもなくフラットで快適なテントサイトでした。


ある日の朝食。鮭リゾット、ウィンナー、漬物、ミツバ、胡麻。


ある日の昼食。モンベル(永谷園製)のリゾッタという、お湯を入れて3分で食べることが出来る簡易食とカップ麺というメニューでした。食材も水も全部背負いあげました。30㎏くらいの歩荷を2回。


暗い杉ヒノキのの林も、朝は明るい。
  

 皆さんは地質調査、僕は歩荷のため安倍川まで下って来ました。上渡の吊り橋は静岡市が管理しています。上渡の吊り橋の上の小ピークの左、小さな沢の上部、吊り橋のたもとから約200mくらい登ったところに集落があったというのが驚きでした。


吊り橋の長さは約140m。上渡はかみどです。集落の名前です。基本は渡(ど)です。


吊り橋を渡って約200m登った所の集落の名前は「向え(むかえ)」ということでした。昭和50年ころまで、いちばん多い時は10軒の家があったそうです。その集落に向かう昔の道形を使って八森山まで歩荷をしました。石の階段があったり、今は杉ヒノキのの植林地ですが、人がすんでいた頃は石積みで作られた山の中の平は畑だったと思います。


今でも残っている建物。


ここのお宅の平が一番広いスペースでした。


モミジの大木もありました。


このお宅は、渡のエリアで一番初めにテレビを購入したそうです。安倍川沿いの本村の人たちも、テレビを見るために吊り橋を渡ってひと登りして、ここまで来たそうです。そこで見たのは、今の天皇陛下の皇太子時代の美智子妃殿下との結婚式や、東京オリンピックだったそうです。転がっていたテレビがその主役だったかもしれません。


そのむかえの集落の西のポイントに行くのは、地形図からとても厳しいだろうと読めました。急傾斜の斜面に細かな沢が何本も入っている。ところが案ずるより産むがやすし、今は石積みだけになってしまったワサビ田への道が残っていて、狙ったところには簡単にあっけなく着いてしまいました。ここでワサビを生産していた頃、羽振りが良くて集落で一番初めにテレビがやって来た家だったのかも知れません。


お話を聞いた80歳代の女性は、小学校に登校する前の仕事が、山の炭焼き釜に行って炭を下におろすことだったといっていました。子供も戦力でした。


これはまた別なタイミングで沢筋に入りました。滝は登りませんが、何段に落ちる滝場にちょっとびっくりしました。


結構な滝がたくさん登場しました。


さっきのワサビ田の跡とは別のワサビ田です。石積みはこちらの方が立派でした。


僕には想像するしかありませんが、ここまでの物は一代では出来ないかもと思いました。


情報をすべて公開できないのでちょっとだけ。指さしているのは1000分の一の地図です。尾根地形に不思議な溝があります。これは普段使っている25000分の一の地形図には登場しません。


尾根地形の溝の写真。


山での生活のサポートという内容の山でしたが、自分の世界の向こうには知らないことがたくさんあるのだなと思えました。ご一緒した地質屋さんとのやり取りはとても面白かったです。それでも山の上でうまい飯が食える!と喜ばれたことは良かったです。